ハナヘナ

ヘナ染めの必須道具!これさえあれば垂れてこない、あると助かる便利グッズ!

セルフヘナ必須アイテム
あゆ
あゆ
セルフヘナにあったら捗りすぎる必須道具をご紹介!

まずはヘナ染めのときの塗布量を確認

ヘナをするときって下の記事でも書いたようにこんもり塗るわけです。

塗るレベルではなく、盛るレベルまでいくと完ぺき。

ヘナ染めのたっぷり塗布

こんもり塗った時の問題点とは

ここまで塗るとですね、最初はいいけど時間たつとだんだん垂れてくるんですね、液が

ハナヘナナチュラル単品ならそこまで垂れることはないけど、それでも3時間もすれば垂れます。

インディゴが混ざってくると季節や環境にもよるけど1時間過ぎたあたりからは注意が必要になります。

インディゴは粘りが少ないから保水性が低く、ラップで頭ぐるぐる巻きにすると汗かいてその分で垂れやすくなるんです。

あゆ
あゆ
しかも音もなく、感触もなく垂れてくるからたちが悪い。

うちのお店では基本45分放置なんで夏場でもない限りなかなか垂れることはないんですが、やはり注意が必要。

塗るだけヘナで帰る人はなおさらです。

ヘナの液が垂れそうな時に使える便利グッズとは

塗るだけヘナのお客様に教えていただいた便利グッズ、当店でも採用しております。

これだ!

ヘナ染めにヘアバンド 後ろから

じゃん!

百均で売ってるヘアターバン!

これで特に垂れやすい襟元ともみあげ周辺さえカバーしとけばなんとかまず垂れません。

布なんで吸ってくれます。

今まではラップびっちり&ティッシュでカバーでしたが結構圧迫感もあるし気持ちいいものではなかったんですが、これなら多少力を弱められます。

もちろん家でセルフヘナするときにもこれがあると安心。

掃除や洗濯、家事するときに少々動いて汗をかいてもターバンがカバーしてくれます。

一応首回りにタオルは巻いておいた方がいいとは思いますが、激しい運動じゃなければ大丈夫でしょう。

ヘナ坊
ヘナ坊
百円ショップに売ってます。できれば厚手のタオル生地がおすすめです
ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。