ハナヘナ

ヘナと縮毛矯正(ストレートパーマ)を併用したい!縮毛矯正できるヘナ、できないヘナ

縮毛矯正とヘナ
あゆ
あゆ
よくあるヘナの疑問シリーズ!今日はヘナと縮毛矯正の関係についてだよ
ヘナ坊
ヘナ坊
一般的にはヘナと縮毛矯正やパーマって相性が悪いって言われるよね。そこんとこどうなんだろう?

結論から言ってしまうと、

ハナヘナなら縮毛矯正(ストレートパーマ)やパーマはかかります。

ヘナ坊
ヘナ坊
え~でも行ってる美容室の美容師さんはヘナしてるとパーマ類はかからないって言うわよ?

そうですね、ヘナをまともに取り扱ってない理美容師さんでそういう人は結構います。かくいう僕もハナヘナを取り扱うまでそういう固定概念というか、情報だけでそういう風に思いこんでました。

使ってみないとわからないってことが世の中には多いってことですね。

ヘナで縮毛矯正がかかりにくい原因とは

実はハナヘナでさえも少しは縮毛矯正やパーマがかかりにくくなります。

というのも、ヘナの成分のタンニンが髪の中に入りこんで髪を多少丈夫にしてくれるんですね。その髪のヘナ毛度合いにもよるんですけど、回数を重ねたようなヘナ毛は特に強くなっているので普通の髪の毛よりはかかりにくいです。

でも本当に問題なのはそこではないんです。

ハナヘナではない、ほかのヘナではヘナ以外の成分が人為的に足されることがあります(要するにケミカルヘナ)。こういうヘナの場合、その何かの成分の作用によって縮毛矯正やパーマがかからないんです。そう、まるでかなりきつい白髪染めをしたような質感の髪に。

パーマも縮毛矯正も【髪のたんぱく質】にかけるもの。

ヘナだと思いこんで繰り返したケミカルヘナ毛は大ダメージをおった髪なので、髪のたんぱく質はすっからかん。これにはかからないんですね。

他メーカーのヘナの場合、本当の天然100%かどうかうたがわしいことがあってその余計な成分のせいでほんとうにかからなかったりするんです。<span”>鉄分だったりジアミンだったり…。

ヘナ坊
ヘナ坊
本当に天然100%のヘナだけなら元の髪の状態に合わせて縮毛矯正すればいいだけだからちゃんとかかるんだね

ハナヘナで縮毛矯正の実例

毎月ハナヘナナチュラルを毛先まで染めては塗るだけヘナでしっかり時間もおく、かなりのヘビーユーザーさんです。

パッと見そんなにひどいクセではないですが(なので半年に一回)大きいうねりがただでさえ多い髪のボリュームをさらに多くしています。

ハナヘナ毛に縮毛矯正をするとき、重要なのは【もしヘナをしてなかったら?】の状態の髪に合わせて薬剤を選ぶこと。そしてそれにちょっとだけ強めに見当をつけることです。

普通にかかります。

もしハナヘナではなく、ほかのメーカーのヘナ毛に縮毛矯正するときはどうしたらいいんでしょうか?

いっぺい
いっぺい
ここからは理美容師さん向けねw

上にも書いたように、とにかく【もともとの髪の状態を見極めること】です。

ヘアカラーやパーマなどで傷んでる髪にヘナをしたならその傷んでる髪に合わせて薬剤選定をすること。その見極めがなかなか難しいんですけどね(;^_^A

ただ、そこを無視して表面の手触りやツルツル具合だけみて薬剤を選ぶと、予想以上に大ダメージをさせてしまったり、ぜんぜんかからずにいっそうチリチリボサボサになることがあります。

こわいですね…。

まとめ

ハナヘナしまくりのヘナ毛でもハナヘナならちゃんと縮毛矯正(ストレートパーマ)はかかります。

クセ毛と白髪でお悩みの方はできるだけハナヘナを。

ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。