ハナヘナ

オーガニックな白髪染めにだまされるな!ケミカルヘナでもオーガニック?

オーガニックにだまされるな!
あゆ
あゆ
『オーガニックはからだにいい!』『ヘナは天然植物のヘアカラーだから安心』
ヘナ坊
ヘナ坊
ちょっと待ってくださいその認識でほんとうに大丈夫ですか??

ヘナ=天然100%ヘナ、は間違い!!

先日、うちのお店にはじめてのハナヘナ体験者さんがいらっしゃいました。

ヘナ坊
ヘナ坊

『まわりのお友だちがみんなヘナしてるの』

『だから親せきの美容師の子にずっとヘナしてもらってるんだけど』

『髪のゴワゴワがずっとあるのよ~ヘナってこういうものなの??』

『ヘナはオーガニックだから安心でしょ?』

まれによくある(笑)、流れですね…。

髪に艶のあるハナヘナ ユーザーの髪の毛

うちのハナヘナのアフター写真みると(ヘビーユーザーの場合はビフォアもだけど)みんな天使の輪っかがあるのです。

上の写真にもあるように髪の中段くらいにきれいな光の反射の輪っかです。

ブローなんかひとつもしてませんとも。

ええ手でバーッとかわかしただけです。

逆にいうとちゃんとしたふつうのヘナであれば、ふつうに何回かすればこれくらいのツヤはでて当然

ゴワゴワ?

どういうことでしょうか。

何回もヘナしてきたといわれるその方の髪の毛は、普通の真っ黒の白髪染めを何回もくりかえすことによってできるゴワゴワな髪の毛そのものでした

そう。

ケミカルヘナです。

オーガニックという言葉にふりまわされないように

オーガニックというのは本来『有機の』とかいう意味合いです。

あゆ
あゆ
天然とは全く関係ない…

いっとき僕も目の敵のようにオーガニックって言葉を嫌ってましたが(笑)最近はそうでもないです。

いっぺい
いっぺい
だってみんななんにも考えずに、オーガニック=体にいいって言うんだもん

というのも、オーガニックという言葉が本来の意味をはなれて『天然もののなんとなく体によさそうなもの』っていうものに変わってきたから。

それならハナヘナもそうだなと…都合よく解釈してるのです(笑)。

 

でもでもそのオーガニックにもいろんな意味が残念ながらあるんですね。

なにしろホントの意味がぼやっとしてるから。

ヘナという言葉と同じです。

 

ホンモノ(ハナヘナ)もニセモノ(ケミカルヘナ)もいっしょくたになってヘナ(オーガニック)という言葉になってしまってる。

 

ヘナのなかにはハナヘナみたいな天然100%ヘナもあれば、普通のカラー剤につかう化学染料を混ぜたものもあります。

オーガニックもからだにいいものをときちんと作られてる野菜ふくめ植物もあれば、同じく『それっぽい』っていうだけで添加物はいってるものもあります。

表面上だけの言葉にだまされないように。

しっかりホンモノを見きわめて使っていただきたいですね☆

ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。