ハナヘナ

ヘナ染めするときの加熱は他のヘアカラーのように必要なの?

ヘナ染めする時に加熱は必要?
あゆ
あゆ
普通の白髪染めをする時ってヘアサロンなんかでは加熱することが多いよね?
ヘナ坊
ヘナ坊
ヘナ染めする時に加温ってどうなのかな?

白髪染め時の加温とは?

ヘナに限ったことじゃないですけど、よく理美容室で加温機というモノが使われることがあります。

20151111103155-1

こういうやつね。

昔からいろんな形がでてますが要するに髪をまんべんなく温めるという代物。

これはパーマやヘアカラーに使われます。

どういうときに使うかというと、簡単に言えば使ってる薬剤の反応を促進したいとき。

素早く反応させて早くその工程を終わらせたりするってことですね。

たいがいの薬剤は温度が高ければ高いほど反応は速やかです。

時短にもなるので便利なものです(うちでは使いませんが)。

 

しかしこの加温というもの。

 

正直、必要なんですかね?

加温機程度の温度では髪は傷まない

gahag-0005477663-1

髪の毛はタンパク質です。

だいたい100℃超えたあたりから少しずつ変質していって130℃にもなれば髪は完全に変質します。

卵をフライパンで焼くのと似たようなもんです。カリカリ。

加温機は何せ頭を加温するものですから、そんな高温頭が耐えられるはずもなく。

せいぜい50℃くらいが関の山じゃないですかね(;^ω^)

まあそれでもパーマやヘアカラーの薬剤を促進するには十分な温度です。

 

あ、それでもそういう薬剤が髪に付いてたら100℃行かなくてもある程度ヘアダメージはしやすいと思われます。

その辺もあるしどうしても熱のムラが出来てしまう可能性があるのでうちでは使いません。

ヘナ染めでは?

ハナヘナしてるときももちろん加温した方が少しは染まりは良くなると思います。

というか、確かによくなります。

でもうちでは体温で十分だという考えから加温はしません。

だってしてもしなくてもパッと見そこまで差はないんです。

よーく目を凝らして加温してる場合、してない場合の髪の毛を横に並べてやっとわかる程度の染まり具合。

染まりの良さよりも加温によって体に異変が起こる可能性(頭皮がかゆくなったり、汗で液だれしたり)の方がデメリットになると考えます。

要するに自然のもの使ってるんだし施術もそうしようぜってことです☆

参考までに!

ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。