ハナヘナ

ヘナした後の放置方法…保湿と乾燥どっちが大事?プロが教える本当のところ

保湿と乾燥どっちが大事?
ヘナ坊
ヘナ坊
ヘナメーカーによって言ってること違うのはユーザーさん的には迷っちゃうよね
あゆ
あゆ
はっきりお答えしちゃいましょう!

ヘナ塗布後はどう過ごす?

ヘナ塗布後

この後どうするかという話ですね。

ヘナメーカーによっては

①ドライヤーなどで乾燥させて放置

②ラップでくるんで乾燥させずに放置

と二通りに分かれるようです。

①乾燥させて放置するメリットデメリット

表面をドライヤーなどで乾燥させることでメリットもデメリットもあります。

メリットとしては表面を乾燥させることで液が垂れにくくなります。

塗りたてはいいんですが時間を置くと汗と混じって少しずつ垂れてくる可能性があるんですね。

ヘナ坊
ヘナ坊
特にインディゴを使うと保水性が低いので垂れやすいよ!

また、ドライヤーの熱で少しだけ色の入りもよくなるかもしれません(正直そこまで変わらない)。

でも熱のムラは絶対できる=染まりムラなのでおすすめしないです。

いっぺい
いっぺい
まあ温度よりも放置時間の方が重要ですけどね

デメリットとしてはそもそも乾燥させたところは全く染まらないということ。

ヘナの色素は水に溶けてるので水分がないところは髪に入っていきません。

髪の長さにもよりますが、下手すると表面だけ染まらないなんてことも。

②乾燥させずに放置

これまたメリットデメリットがあるんです。

先にデメリットを解説しますと、ラップでくるむ方が汗をかきやすいんですね、暑いから。

知らず知らずのうちに汗をかいてるんです。

そうすると液が垂れやすくなります

でもデメリットってそれくらいでメリットの方が大きいんです。

①乾燥しないからよく染まる

ヘナ液がしっかりついてるところはしっかりと髪に色素が入っていきます。

②保温できる

ドライヤーを使って乾燥させる場合はそのドライヤーを使ってるときだけ熱が上がりますが、ラップでくるめば体温でほどほどの温度を保てます。

基本的には高温じゃなければ温度は高い方が少しは染まりがよくなります。

そもそも加温したいならラップで包んでからドライヤーすればいいですよね(笑)。

とはいえ高温ならいいって物でもなく、それにせっかく天然の体にも環境にも優しい物使ってるんだから機械使わず自然な状態(この場合は体温)で染めません?

③ラップで髪を押さえられる

ラップでくるむことで上からギュッギュッと髪を押さえて塗り残しがないようにできるんです。

だから塗りムラができにくいんですね。

ヘナ坊
ヘナ坊
圧倒的にラップ使って乾燥させない方がいいってことだね!

まとめ

液だれのことを考えなければヘナの後はラップでくるんで放置がいい!ってことです。

ラップでくるんで放置

液だれに関してはティッシュで顔周りをガードしたり、首周りにタオルを巻くなどして対処しましょう。

これを見れば失敗しない!セルフヘナ後の液だれ防止にラップを巻く方法を詳しく解説しますヘナ染めを自分でするときに知っておくと役に立つ、ヘナ染めその後処理を詳しくわかりやすく解説!ラップはどう巻くの?液ダレ防止はどうしたら?これを読めば全てわかります!...

 

ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。