?ヘナの新常識!ハナヘナとヘアカラーを使いつつ、さらにパーマもきっちりかかるハナヘナの使い方|ヘナのお悩み相談室
ハナヘナ

ヘナの新常識!ハナヘナとヘアカラーを使いつつ、さらにパーマもきっちりかかるハナヘナの使い方

ヘナ毛でもパーマをかけるコツ
あゆ
あゆ
髪を明るくしたいけどできるだけ髪を傷めたくない…さらにパーマもしたい!
ヘナ坊
ヘナ坊
そんなワガママに応えるハナヘナの使い方をご紹介します!

ヘナで髪を明るくはできない

黒髪を明るく染めることができないと評判のヘナですが、もちろんそれはハナヘナでも同じ。

白髪は染められても黒髪を明るくすることはできません。

一般的なヘアカラー剤っていうのはブリーチ(脱色)と染色を同時にしてるんですね。

だから髪も明るくなるし、色味も選べるし、髪も傷む。

ハナヘナにはそのブリーチ能力がない(もちろん他のヘナも)。

そういうわけで明るくはできません。

解決法

明るくもしたいけどハナヘナも使いたい場合は、

①基本的にハナヘナ(ナチュラル)を使って

②黒髪が伸びて来たら根本の黒髪の部分だけ明るく普通のヘアカラーする

っていうのがひとつの方法です。

3回に一回ヘアカラー、みたいな感じです。

あゆ
あゆ
それ以外はハナヘナで白髪染めるんでダメージは最小限っていうことです! 

ただしその場合は基本ナチュラルだけを使うことになります。

オレンジ色のヘナ単品ですね。

インディゴを使うとまず明るく染まってくれないからです。

ヘナ坊
ヘナ坊
ホントインディゴは扱いがむずかしい…

なので、ナチュラル→ナチュラル→ナチュラル→ヘアカラー(白髪染め)→ナチュラル→ナチュラル→ナチュラル…みたいな感じです。

そうすることで髪の傷みが最小限にできるので、合間にパーマもできるんです。

ハナヘナ毛におしゃれ染め

ハナヘナ毛にパーマ

こんな感じですね!

ヘナ毛にパーマをかけるコツ

ヘナをしている髪は普通かかりづらいといわれます。

それでもハナヘナならまだかけれるんですが、これにはコツがあります(理美容師さん向け)。

一番大切なのは髪の状態の見極めです。

ヘナで髪の毛の状態をよく(トリートメント効果)していたとしても、実際の髪の毛のたんぱく質が増えて復活するわけではありません。

要するにごまかしてるだけで髪自体は傷んでるわけです。

あゆ
あゆ
あくまでもそう見えてるだけなんだよね…

なので

(今見えている髪の状態)-(ヘナのトリートメント効果)=本当の髪の状態 

というのを踏まえて、その髪に対してパーマをかけるつもりで薬液や時間を選びましょう。

そして気持ち少しだけ強めの薬剤を足す、それくらいでいいです。

それで上の写真のような結果を出せます。

いっぺい
いっぺい
あくまでも気持くらいですよ!強すぎると一気に髪の毛ビビってしまいます!

一般の方でヘナ毛にパーマをかけたい人は

ハナヘナを使ってるよーくヘナをわかっている理美容師さんを探しましょう。

髪の状態を見極められなくて、強い薬剤使われたら髪は一気にダメージするかもしれませんよ。

ハナヘナ取扱店でパーマするのが手っ取り早いですよ!

ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。