ハナヘナ

ヘナ染めを人にするには理容師・美容師の資格が必要?ヘナインストラクターの意味とは

髪の毛にたっぷりヘナを塗布する
ヘナ坊
ヘナ坊
ヘナを人の髪に塗って染めるのって資格が必要なの?
いっぺい
いっぺい
いい質問ですねぇ。今日はそこのところ詳しく見ていきましょう。

理容師、美容師の資格を持ってる人なら

ヘナで人の髪の毛を染めることを業とするのは何の問題もありません。

業としてなくても問題はないけど。

この業としているかどうかというのがポイント。

これは日常的な仕事としてサービスの対価としてお金をいただいているかどうかということです。

ヘナ坊
ヘナ坊
業としてお金をいただくには理容師や美容師の国家資格が必要ってことだね!

一般の人では

業としてるかしてないかで判断できます。

業としてないのならば友達とか家族で髪の毛染めたりするのなんか普通です。

何の問題もありません。自己責任でどうぞです。

ただし業としてる場合。

これはアウトです。

基本的に首から上の美容技術を業とした場合、理容師または美容師の資格が必要。

専門学校に2年通ったのち、国家試験を経て合格すれば資格ゲットです。

こんだけのことしないと法律的に許してもらえないのです。

なので無資格でお金を貰って他人の白髪を染める行為は違法です。

ヘナインストラクターの資格をもってる場合

そもそも国家資格でヘナインストラクターはありません。

各メーカーがそういう資格を発行してるにすぎず、まあメーカーのお墨付きがあるだけで上記のように理美容師の資格がないならヘナインストラクターの資格を持っていようがアウトです。

業としてたらね。

この辺がグレーなんですよ(;^ω^)

こういう資格を出してて有名なヘナメーカーにクィーンズヘナがあります。

クィーンズヘナはヘナインストラクターを名乗る人がお友達なんかを集めてクィーンズヘナの説明をしながら白髪に塗り合いっこ染め合いっこします。

そこからがうまいんですが(笑)、その塗る行為そのものでは代金を貰わずに、ヘナを売るんですね(;^ω^)

ヘナ坊
ヘナ坊
なるほど…人の髪にヘナを塗ってお代をもらったわけじゃないから法律違反ではないってことね…

 

いっぺい
いっぺい
クィーンズヘナはちょっと平均より代金がお高いんですが、その中には施術代が入ってるんじゃないかと疑ってしまうレベル。


いや否定するでしょうけど(入ってたら違法だから)。

ま、この場合は資格持ってないんでその塗り合いっこ染めあいっこでなんかあっても自己責任になります。

なんかあったときは知らんぷりできてしまう。これがこわいとこ。

さらにその自称ヘナインストラクターはクィーンズヘナのことしかしりません。

ヘアスタイルとの兼ね合いとか普通のヘアカラーとの関係。

そういう普通の美容のことは素人さんです。

まとめると

・ヘナインストラクターという国家資格はない

・白髪を塗ってお金をもらう行為(業)ができるのは理美容師のみ

・ヘナインストラクターはそのメーカーのヘナのことしか知らない

ということとなります。

もちろんヘナのことについて全然知識のない理美容師さんもいるのでその辺はどっこいどっこいです。これは得意分野の問題と思ってもらったらと思います。お医者さんでも科が分かれてるようなもんです。

気をつけましょう、お金が関係してヘナを塗るのには理容師、美容師の資格が必要です(;^ω^)

ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。