ハナヘナ

Q.過去に化学薬品(ヘアカラー)で染めた髪の毛はヘナで染められますか?

過去に化学薬品で染めた白髪はヘナで染められる?
あゆ
あゆ
化学薬品を使った普通の白髪染めからヘナ染めに移行していくなら絶対気になる部分ですね

A.伸びてきた白髪の部分は問題なく染められます。が…

その染めていた部分の色にもよるんですが、もともとの化学薬品をつかった普通の白髪染めをしている部分は染めるのがむずかしくなります。

というのもヘナやインディゴで白髪を染めるというのは、簡単にいうと白髪というキャンバスを水彩絵の具で塗るという感じです。

一方、薬品での白髪染めというのは黒だろうが白だろうが色素を壊して(ブリーチ)しっかり色素を入れるというのを同時に行っています。

なので

・ヘナ染め→絵の具をべた塗するだけ

・普通の白髪染め→キャンバスを作りつつ色を塗る

という違いがあるんです。

しっかり入った化学染料はヘナでは落とせない

なのでヘナ染めはそのもともと化学染料で染めていた部分の色素を落とすという力はないわけです(実は多少脱染力はあるのですが、完全には無理)。

普通の白髪染めならキャンバスを作り直す力があるのでまた色を変えたり明るくしたりできるわけです。

あゆ
あゆ
キャンバスを作り直すたびに傷んじゃうんだけどね!

 [/chat]

ヘナ坊
ヘナ坊
そこが普通の白髪染めの欠点だよね…

 [/chat]

ただし明るいところはある程度有効

というのも、普通の白髪染めで染めてブラウン程度の髪色ならその上からヘナ染めすれば、ある程度は色味も使えます。

キャンバスがブラウンのところに水彩絵の具塗るだけですからね。

つまり、トーンダウンならある程度はヘナ染めも有効ということです。

ヘナ染めに変えていくなら元の色に合わせるのが基本

ヘナ染めに変えていきたい!ということでしたら、見え方を考慮する必要があるので方法としては元々の化学染料を使った白髪染めをしていた部分の色に合わせていくのが基本です。

毛先の方が真っ黒なら二度染めの長時間染め。

ほどよいブラウンならハーバルブラウンまたは二度染め。

明るいブラウンならナチュラル。

ただしこれも白髪の量によってアプローチは変わってきます。

白髪の量が少ないならどの色を使っても結局ほとんど黒髪ですからね、毛先を暗くしてなじませる必要があります。

個人差があるわけです。

あゆ
あゆ
その辺は相談してもらえればお答えします!
ヘナ坊
ヘナ坊
現在の髪の色(できたら東部の写真)とこれからどうしていきたいか教えてもらえればお答えします☆ 

まとめ

Q.過去に化学薬品で染めた髪の毛はヘナで染められますか?

A.伸びてきた白髪の部分は問題なく染められます。が、元々の白髪染めしていた部分は状態によってできることとできないことがあります。できれば相談してください。

ABOUT ME
いっぺい
ハナヘナ認定講師&ハナヘナ・DO-S正規取扱店です。 鳥取大学を卒業して理容師になったというちょっと変わり種。 バリバリ理系なのでエセ科学大嫌いです。 ヘナのホントのところを裏表なく公開中! ハナヘナ最高です☆
ヘナ坊が教える安心・安全なヘナ『ハナヘナ』
ヘナ坊が教える安心安全なヘナ、ハナヘナ

日本中のプロの理美容師がもっとも安心安全で高品質だと認めたヘナ、ハナヘナ。

髪の屋 菅野ハナヘナショップではそんなハナヘナをヘナ坊が使い方から品質まで詳しく解説してくれます。初回購入者には読むだけでハナヘナが理解できる【ハナヘナマンガ】、ヘナ坊が教える【ハナヘナ使い方説明書】がついてきます。

当店でハナヘナをご購入いただければ、届き次第すぐにハナヘナが使えます。